メリットとデメリット

借地権のメリットとして土地を一切購入する必要がない分、同じ予算によって面積が広くて価値が高い住居を手に入れていくことができます。住宅を購入した時と一緒に条件を満たすことによって、特別な控除を受けていくこともできます。借地料が発生してしまいますが、3年に1度変更されます。その基準は消費者物価指数であったり、土地の固定資産税であったり、都市計画税を計算しながら弾き出されていきます。物価や地価によって上下していくので、常に一定ではありません。賃貸の家賃だけでなく、地主の一方的な意向で変動していくことがありません。そして他人に貸したり、売却することも可能となっています。

しかし第三者へ賃貸もしくは譲渡していこうとする場合には、基本的には地主の承諾が必要ありませんが、通知しなければなりません。定借だと期間が満了するまで権利を所有することができたり、地主の都合によって退去していくことはありません。 固定資産税や都市計画税は、区分を所有していくために支払わなければなりません。毎月の支出を抑えていきながら、期間が決まっている中で修繕したり建て替えていくことも可能です。土地を購入する必要もないので、毎月のローンにおける返済額を減らす事もできます