普通借地権と異なる

定期借地権を見ていくと、権利の内容としては文字通りに期間が定まっている借地権となっています。これは普通借地権と大きく異なっており、契約の更新が一切ありません。期間満了となった時には、土地を更地に一回戻してから地主に返還していくことが原則となっています。契約期間をみていくと住宅一般定期借地権だと50年以上になっているケースが一般的となっています。第三者に売却したり貸していくことも可能ですが、賃借権方式だと売った時に地主に対する承諾も必要となります。建て替えていこうとする時には、地主に対して事前通知だけで可能となっています。

借地権によって発生するお金もあるので注意しなければなりませんが、普通借地権であったり定期借地権において住宅の購入では建物にかかる価格だけでなく、土地に関しても保証金であったり権利金などを支払わなければなりません。土地と建物を合算した価格で支払っていきますが、所有権の場合と比較していくと、定期借地権ならば一戸建て60パーセント程度となっています。一方でマンションならば80パーセント前後となるケースが多いです。さらに入居した後で土地の固定資産税などがかからないですが、地主へ地代を払わなければなりません