3つの定期借地権

様々な土地に関する権利がありますが、定期借地権というものが一般的となっています。これは一般定期借地権や建物譲渡特約付借地権、そして事業用定期借地権の3種類が存在しています。法律に関する相談を行う際には、土地がどのような権利を持っているか把握しておかなければなりません。詳細をしっかりとチェックしていきながら、本当に適用されている権利について確認しておきましょう。

まず一般定期借地権というのは、存続期間が50年以上となっています。長期間に設定して管理していきますが、期間満了で権利が消滅するようになっています。期間が50年以上となっているため、長期的に活用する予定がなければ、向いている権利と言えるでしょう。広めの土地を貸したり、借主が分譲マンションを建てていくケースで多く用いられています。契約更新がないという点と、建物の用途について限定されないことが注目されています。

2つ目の建物譲渡特約付借地権というのは、存続期間が30年以上となっています。期間が満了する時に地主が借地人より建物を買い取っていくことができます。これで権利を消滅させる権利となっていますが、土地を借りている事業者が対象となっていきます。アパートやマンションだけでなく、店舗やオフィスなどを所有している時に賃貸経営を行っていき、期間満了した時は地主が買い取っていきます。これで経営を継続させることができます。最後の事業用定期借地権は、事業用で土地を賃貸借していく権利となっています。交通量が多い道路に即した土地が中心となっており、期間は10年となっていることが多くです。

関連サイト:定期借地権【ピタットハウス】